Windows Driver kit のインストール(WDK)

  1. Windwos Driver Kit (WDK)を入手してインストールします。
    1. 以下のサイトより最新のWDKを入手します。
      最新のものは最新のOSに対応していますので必ず最新のものをダウンロードしましょう。
      http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/gg487463
    2. ダウンロードしたものをインストールします。
      以下のパスにインストールしました。
      C:\WinDDK\7600.16385.1
  2. メニューからマイクロソフトのサンプルをビルドしてみます。
    ※今回実験で使用するパソコンはXP+SP3です。

    1. 以下のメニューより ビルド環境を立ち上げます。
      スタート メニュー\プログラム\Windows Driver Kits\WDK 7600.16385.1\Build Environments\Windows XP\x86 Checked Build Environment※Windows XP Build環境には以下の2つがあります。
      x86 Checked Build Environment
      –>最適化等されないので、デバックをするときにはこちらでビルドしましょう。
      x86 Free Build Environment
      –>本番環境へリリースする場合はこちらでビルドしましょう。

      この画面に
      “build makefile”  と入力します。
    2. ビルド環境を立ち上げると、Launching OACR monitor を起動してきます。
      タクストレイに常駐してビルド(コンパイル)時に不適切なコードがあると警告をしてくれます。
    3. サンプルがたくさんあるのですが、usbviewういのを を実行してみましょう。
      ※ビルドするだけですので、簡単に説明するために sys ファイルでないものでやってみます。(カーネルドライバーでない。)
      ※このサンプルの説明とテスト方法は以下にあります。
      C:\WinDDK\7600.16385.1\src\usb\usbview

      1. exeをビルドします。
        >cd C:\WinDDK\7600.16385.1\src\usb\usbview
        
        >build
        
        -------
        中省略
        -------
        
        Compiling resources - usbview.rc
        Compiling - usbview.c
        Compiling - display.c
        Compiling - enum.c
        Compiling - debug.c
        Compiling - devnode.c
        Compiling - dispaud.c
        Compiling - generating code...
        Linking Executable - objchk_wxp_x86\i386\usbview.exe
        BUILD: Finish time: Tue Dec 20 16:46:33 2011
        BUILD: Done
        
            9 files compiled - 1 Warning - 6,364 LPS
            1 executable built

        ビルド後以下のフォルダーに[usbview.exe]が作成されます。
        C:\WinDDK\7600.16385.1\src\usb\usbview\objchk_wxp_x86\i386

  3. usbview.exeを実行してみます。
    1. usbview.exe をダブルクリックします。※パス=C:\WinDDK\7600.16385.1\src\usb\usbsamp\sys\driver\objchk_wxp_x86\i386
    2. メニューの Option\Config Descriptorsを選択後、USBデバイスを選択します。※これを選択しないと iSerialNumberがでてこない。

      idVendor:           0x1307
      idProduct:          0x0165
      bcdDevice:          0x0100
      iManufacturer:        0x01
      0x0409: “USBest Technology”
      iProduct:             0x02
      0x0409: “USB Mass Storage Device”
      iSerialNumber:        0x03
      0x0409: “00000000000149”
      bNumConfigurations:   0x01
    3. Windowsのシステム情報と比較してみます。※パス=C:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\アクセサリ\システム ツール\システム情報USB

      VID=1307PID=0165
      Serial=149
      となり、同じUSB情報が取得できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です