Tag: "featured"

OSSはじめました!(ほぼ日記)

始めたきっかけ いままで、Azure, Office365, Windows OS上で使用するプロダクトを作ってきましたが。 もっと、たくさんの人に使ってもらえるように出来ないかと思い始めました。 また、開発者にもブランド化してほしいと思います。   世の中も、AI, IoT Robotと目まぐるしく変化しています。 やばい、やばすぎる、この現実、時は残酷なり。 10年に1回モデルチェンジをしている私としては、モデルチェンジの時期がきたと思いました。 ということで、大幅に考えを変えることにしました。   時代はOSS、Microsoft も Love Linuxの時代です。 そこで、OSSだと思いました。 OSSとは一体何か? 今回詳しく調べてみました。 オープンソースソフトウェアとは OSSとは、オープンソースの概念に基づき、ソフトウェアのソースコードが無償で公開され、改良や再配布を行うことが誰に対しても許可されているソフトウェアのことである。あるいは、オープンソースに関する文化の啓蒙活動を行っているThe Open Source Initiativeによって認定されたソフトウェアのことである。 Weblio ソースコードを無償で公開して、改良・再配布を自由に行うことができるようにすること。 いままで、商売でコードを書いてきた私にとっては、とてつもなく高いハードル。。。。。 でもこのままでは、古い人間になってしまう。 ということで、オープンソースで収益を上げている人たちを調べてみました。 Profitモデル RedHat 有名なRedHat なんと20億ドルも売り上げをあげている。Global企業すぎていける気がしない Red Hatはクラウドへの移行で50億ドル企業をねらうが、Linuxだけでは無理かもしれない EC-CUBE 日本初のE-Commerce OSS 有名だが、売上わからない。帝国データバンクで調べないといけないのでパスしました。カート決済、サイトのホスティングサービス、カスタマイズでたくさん儲けてそうです。 GitHub Gitを使いSaaSサービスを無料・有償で提供しています。 Wijmo 開発ツール、無料と商用ありで、当社も購入しています。 ライセンス いづれの企業もユーザの導入障壁を下げて、OSSを簡単に利用でき、ライセンス費用、ベンダーロックを回避することにより、良いサービスを多くのユーザに届けています。 金勘定は、後ですることにして、私の会社で適用できそうなビジネスモデルは以下かなと思います。 SaaSでサービス提供(サーバ運用・サポート) 技術アピールによる、受託サービス   ツールの選定 現在ベトナムの英語ベースの技術者ロンさんと開発しているので、 日本に依存したツールは一切排除、開発も全部英語でしています。 これで、私の英語レベルも向上して将来的には世界へプロダクトをプレゼンして売るぞと!!! Xamarin 時代はスマホということで、スマホのアプリを作るうと。 AndroidとiOS, Windows Phone で全部作りこむ体力がないので、問答無用でXamarinにしました。 現在、Azureの講師もしているので、Azure Loveな私としては、サーバはAzureでこちらも問答無料です!! ベトナムではAWSがひろまっているようですので、Azureのよさをベトナムに広げていきます!! ということでこちらが最終構成イメージになります。   Office365 もちろん、Office365も連携させますよ。使命をもって!!   GitHubで始めたOSSプロジェクト https://github.com/exceedone   では、皆様おろしくお願いします。  

ACE(Azure Council Experts)にて登壇しました。2017/06/16

場所:Microsoft 品川   内容 ACE(Azure Council Experts)にて当社の会社で開発している Office365, Azure , Xamarinについて説明しました。 懇親会もあり楽しいひと時でした。 会場の様子    

日本マイクロソフト株式会社 様主催のAzure Deep Dive 2017/03/27登壇しました。

内容 Azure Cognitive Service (Text Anylitics)を使用しOffice365 Excchange Onlineからの英語訓練用辞書作成について説明しました。 Azure Cognitive Service (Bing Speeach)を使用してXamarinでテキストから音声、音声からテキストを利用してどのように英語訓練をするかを説明しました。 ビジネス英会話とAzure Cognitive Servicesについてこれからの盛り上がりを感じました!! 会場の様子

Micorosft CSP(主にAzure/Office365/Dynamics365) & SPLAのライセンスパターン (2016/12月更新)

確認中: ライセンス規約等は常に更新されており、2016/12/05日時点の情報です、責任がとれませんので、最終的にはMicrosoft社もしくは販売店に確認してください。 CSPとSPLAを併用するときには要注意です。基本原則を記載します。 1-Tier CSP (Direct) 2-Tier リセラー (Indirect) SPLA SPLA Microsoft Microsoft Microsoft Microsoft CSP (大手Sier, Dist.) CSP (大手5社Dist.) SPLA (主に大手Dist.) SPLA (主に大手Dist.) ↓ CSP Reseller (Sier, 販売店) SPLA Service Provider SPLA Service Provider ↓ ↓ ↓ SPLA Software Service Reseller Customer (エンドユーザ) Customer (エンドユーザ) Customer (エンドユーザ) Customer (エンドユーザ) ※Dist.: ディストリビュータ(問屋) ポイント CSPは自己消費できない CutomerはAzureのポータルを表示しない、アプリの提供なら、資本関係ない会社に提供してもよい。xx(あとでリンク)の規約による。 CutomerとCSP/SPLAは51%以上の資本関係があると同一会社扱いされますので注意してください。 「Azureテナントのエンドユーザ」と「SPLA Provider or Reseller」は同じ会社である必要があります。 「SPLA Service Provider」 「SPLA Software Service Reseller」間の契約に関しては、Microsoft/Dist.等に登録の必要はありません。   事例 作成中   参考 クラウド ソリューション プロバイダー プログラム: パートナー様のビジネスに最適なモデルを選択 【10/27 更新】 SPLA プログラム ガイドを見る (PDF ファイル) (2016/10 更新) (PDF、3.70 MB) ソフトウェア サービス リセラーを通じたソフトウェア サービスの提供 サービスプロバイダーは、ソフトウェア サービスの拡販による収益構造の安定と向上を求めています。 サービスプロバイダーは、SPLAを活用してソフトウェア サービスリセラーにサービスを再販することで、ソフトウェア サービスの提供先を拡大し、収益を強化 することができます。 マイクロソフトライセンス解析

Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する

目次 Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files) Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?) Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複 Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化 Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書 Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法 概要 Azure RemoteAppは2017年度にサービスが終了してXenApp “express”へ変更予定です。 Azure IaaS(VM)に、Remote Desktop Service(RDS) Session Host型のサーバをAzure VM (Windows2012 R2) オールインワン(1台)で作成しました。 ※RDS CALが必要 OSの日本語化、Office 365 ProPlus 日本語の導入も実施しました。 ポイント オールインワン(1台) 構成 パブリック証明書の設定 Web SSOによる証明書エラー、認証ダイアログ(NTLM)回避方法 Windows 2012 R2 日本語化 Office365 Office 2013/2016 ProPlus Japaneseのインストール 構成 VM -AD DS -DNS server -RD License server -RD Connection Broker […]

Dynamics CRM(365) Online – Excel 連携アプリ(技術解説)

概要 Excel (Office Add-ins) を使用して、Microsoft Dynamics CRM Onlineにアクセスするアプリケーションを作成しました。 Excelを使用して、Dynamics CRMのデータに入力及び、出力ができます。 ※このアプリは、初期設定で、Dynamics CRMの「Entity, View, Record, Field」 と Excel 「Cell」の組み合わせを定義します。   今回は、複数の技術使用していります。少し難しいので、簡単に解説します。 機能紹介ページ  – Dynamics CRM Excel 連携アプリ システム概念図 システム配置 – 概要   詳細 – 使用しているリソースおよび技術 Microsoft Dynamics CRM(365) Online Dynamics CRM Online は今後は、SOAPではなく、REST APIが主な開発手法になっていくようです。 このアプリもREST APIを使用しました。 REST APIに関数に関して以下のブログが参考になります。 Japan Dynamics CRM Team Blog – SDK Morning Girl Azure App Service – Web C#を使用して、Web SiteをAzureに配置しています。 Azure Active Directory – Application Web アプリケーションを作成したあとに、AzureAD と Dynamics CRM Onlineへのアクセスを設定します。 「Acess CRM Online as organization users」を選びます。 「Access the directory as the signed-in user」を選びます。 Office Add-ins マニフェストファイルに以下をいれないとAzure AD にログイン時にExcelからログイン画面が、ポップアップしてきますので、注意して下さい。 <AppDomains> <AppDomain>https://login.windows.net</AppDomain> <AppDomain>https://login.microsoftonline.com</AppDomain> </AppDomains> Officeアドインの詳しい解説は以下がわかりやすいです。 初心者備忘録 – Office アドイン Visual Studio 2015 C#とJavaScriptを使用しています。統合デバックでOffice Add-ins(オフィスアドイン)のデバックもできます。     

セットアップ編 – Windows IoT with Raspberry Pi 3 to Azure or Office365 for 監査ログ(Windows/Linux/Router log)

概要 「Windows Eventlog」, 「rsyslog(Linux ,Yamara Router )」 等のログをAzure or Office365へ保存します。 そのプログラムを「WIndows IoT」 with 「Raspberry Pi 3」で作成します。 最初に 「Linux or Yamha RTX Router」 よく使われる rsyslogアプリを作成したいと思います。 今回は、「Raspberry Pi 3」 に 「Windows IoT」 をインストールしてリモートで「Raspberry Pi 3」にアクセスしたいと思います。 目的 Azure BLOB/Office365 SharePoint/OneDriveを使用してログを保存する仕組みを作り、簡単・安価にログを保存・監査・分析に使えるようにすることです。 ※通常は、ローカルログ保存サーバを構築+バックアップが必要なので、構築・運用に数百万必要とするのを数千円~数万円にすることが可能になります。 またクラウドにデータを保存することにより、機械学習やPowerBI等の恩恵を受けることが可能です。 補足 Microsoftには、Log Analytics は、Operations Management Suite (OMS) のサービスがあります https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/log-analytics-overview/ 普通にログをとるのは、これでも大丈夫です。(容量や保存期間に制限があります)   詳細 「Raspberry Pi 3」です。 Windows Dev Center>Windows IoT https://developer.microsoft.com/en-us/windows/iot ここにセットアップ方法がかいてあります。   「IoT Dashboard」 から新規デバイスをインストールします。 PCからMicroSDカードにOSを書き込みます。 MicroSDカードを「Raspberry Pi 3」に差し込んで起動します。 ディスプレイ(HDMI) 、USB キーボード、マウスを取り付けると、Windows IoTが操作できます。 必要なら、無線LANの設定、優先LANはDHCPで自動的に接続されます。   IoT Dashboard>自分のデバイス 自分のデバイスを選択して、 Device Portal を開きます。 ユーザIDは標準で「Administrator」 パスワードは、MicroSDカードにインストール時の「パスワード」 Windows IoT Remote Server をEnabledにします。 マイクロソフトストアから Windows IoT Remote Client をインストールして、デバイスを選択して接続します。 リモートデスクトップのようにWindows IoTを操作できます。 次回は、HellWorldを動作させて、その後、rsyslogサーバを作成して動作させてみましょう。

Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール

目次 Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files) Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?) Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複 Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化 Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書 Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法 概要 最初に、リモートデスクトップのインフラには、以下のようにいくつかパターンが存在します。 On-Premise (オンプレミスのWindows Server 上に構築) RDS SBC方式(Remote Desktop Service Server Based Computing) 20年前から、よく知られている、1台のサーバ(現在、複数台でスケールアウトも可能)のインスタンス上に、ユーザ毎にセッションを共有する方法 RemoteAppも当然できます。 ※以下のようにサーバをAD DSとRemoteAppサーバの2台構成でも構築できるそうです。 [Windows] RemoteApp 環境を構築してみた VDI 方式(Virtiual Desktop Infrastructure ユーザにはそれぞれ仮想マシン(Virtual Machine)を割り当てる。 他のユーザにも依存することなく、完全なPC環境を実現する。 Azure(マイクロソフトのクラウドサービス) RDS on Azure (IaaS) On-Premiseで構築している、RDS SBC方式をAzureで構築すること。 Azure RemoteApp (DaaS) SBC 方式の RemoteApp(Remote Desktopではない)のみのサービス ※サービスが来年終了(確認中)? Azure VDI方式はライセンス上認めらていないような????(確認中)   今回は、Azure RemoteApp(Daas)という方法でOffice365 […]

Microsoft Intune – 設定 (MAM アプリケーション展開 for iOS)

目次 Microsoft Intune – 基本 (MDM, MAM) Microsoft Intune – 設定 (MAM アプリケーション展開 for iOS) Microsoft Intune – 登録 (Windows Desktop PC編) 概要 前回から引き続き Microsoft Intune 設定 (MDM, MAM)の Microsoft IntuneのMAMにてアプリケーションを追加する方法を記載します。 世界的大流行中のPokemon GOで実験してみます。 インストール後の画面 詳細 Intuneのアプリ、アプリ, アプリの追加 アプリの追加 Pokemon Go for iOSのサイトにいきます。 URLをコピーします。 URLをペーストします。 発行元、名前等を入力します。 アップロードします。 「展開の管理」をします。 「必須のインストール」を選択します。 「ユーザ」もしくは「デバイス」を割り付けます。   iPhoneでIntuneのポータルを開きます。 「会社のアプリ」をタッチします。 「Pokemon Go」 をタッチします。 Pokemon Go をインストールします。 Appのインストールします。 「ダウンロード」中。。。。 インストールされました!! Pokemon Goを起動します。 これで仕事中に思う存分、ポケモンGetできます。 補足 機能制限でAppStoreの「インストール」使用不可してもインストールできます。 例 当社の場合は「Appの削除」「App内課金」も未使用にしています。 調査中:アプリを必須にしていますが自動でのインストールは失敗しています。 ユーザは手動でインストール可能です。 必須の場合は、1日程度放置しておくと以下のように、インストールしてと表示されます。 参考 Deploy apps in Microsoft Intune (Microsoft Intune でアプリを展開する)

Microsoft Intune – 基本 (MDM, MAM)

目次 Microsoft Intune – 基本 (MDM, MAM) Microsoft Intune – 設定 (MAM アプリケーション展開 for iOS) Microsoft Intune – 登録 (Windows Desktop PC編) 概要 Intuneの設定について、主要なところを、確認してみました。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/intune/understand-explore/introduction-to-microsoft-intune モバイル デバイス管理 (MDM): プロビジョニング、構成、監視、およびデバイスのワイプなどのアクションをデバイスで実行できるように、それらのデバイスを Intune に登録する機能。 例) 1. リモートワイプ 2. Root化デバイスの検出 3. パスワードポリシーの設定 4. Wifi設定 モバイル アプリケーション管理 (MAM): ユーザーのモバイル アプリを公開、プッシュ、構成、セキュリティ保護、監視、および更新する機能。 例) 1. アプリケーションの配布(自社 Store) 2. メール設定 3. Office365への条件付きアクセス モバイル アプリケーションのセキュリティ (MAMの機能の一部?): モバイル アプリの管理の一部として、Intune は会社のデータから個人のデータを分離し、会社のデータを選択的にワイプできるようにすることで、モバイル データをセキュリティ保護するために役立つ機能を備えています 例) 1. 許可していない、アプリの間でのコピペ 2. Office365のSharePoint/OneDrive以外への保存 3. Office365のSharePoint/OneDriveのリモートで切断 公式のDocument(一読すると良いです) Microsoft Intune のドキュメント 特に「展開と使用」を読む Intune Documentation 特に[Deploy & Use]を読む ここ重要(2016/6/23日現在) 条件付きアクセスについて(ポリシー=Password等) Office 365 サービス用条件付きアクセスのデバイス ポリシー よく寄せられる質問 (FAQ) Q: サポートされていないデバイス プラットフォームに対する既定の除外ポリシーとは何ですか。 A: 現在のところ、条件付きアクセス ポリシーは、iOS デバイスおよび Android デバイスのユーザーに選択的に適用されます。その他のデバイス プラットフォームのアプリケーションは、既定では、iOS デバイスおよび Android デバイスの条件付きアクセス ポリシーの影響を受けません。ただし、テナント管理者は、サポートされていないプラットフォームのユーザーへのアクセスを許可しないようにグローバル ポリシーを上書きすることができます。今後、条件付きアクセス ポリシーが拡張されて、Windows を含むその他のプラットフォームのユーザーにもポリシーが適用される予定です。 Q: Office 365 サービスに対する条件付きアクセス ポリシーがブラウザー ベースのアプリ (OWA、ブラウザー ベースの SharePoint […]