ダイワボウ情報システム株式会社様主催の『Azure IoT / Cognitive / Machine Learningをビジネス化するポイント』で登壇しました。

内容

https://www.idaten.ne.jp/portal/page/out/ev04/tic2017.html

2017.02.14
ダイワボウ情報システム株式会社様主催の『Azure IoT / Cognitive / Machine Learningをビジネス化するポイント』

Azure IoT Suite、Azure Cognitive Serviceを利用して、デバイス・センサー情報、視覚、音声、言語データの利用分析を行い、新しいビジネスモデルを顧客にご提案できます。今回のセッションでは具体的な事例を交えながら顧客にどのように提案できるかを説明するとともに、Azureを初めて利用する販売店の皆様がビジネスを立ち上げる為のご支援もご紹介致します。(外部サイト)
開催日:2017.02.14(東京)

 

当日の感想

Azure IoT/Cognitive Service/Machine Learningは、満員御礼の120人で会場がいっぱいになりました。

Office365のメール、OfficeファイルからAzure Cognitive Serviceを使用して単語を抽出するなどデモを実施しました。

聴講者の関心も高くこれから伸びる分野だと思いました。

dis-ict-tokyo20170214

 

 

 

 

Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

RemoteApp / RemoteDesktop(リモートデスクトップ)にて、多要素認証する方法にういて

詳細

作成中

 

参考

 

Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

リモートデスクトップはRemoteAppだけでなく通常のリモートデスクトップも使えます。

詳細

作成中

ライセンスサーバからライセンス削除方法

リモートデスクトップ ライセンス マネージャー/ライセンスの管理/ライセンス サーバーデータベースを再構築する

リモートデスクトップのみとりあえず使用できるようにする。(作成中)

  1. グループポリシーの設定/コンピュータの構成/管理用テンプレート/Windowsコンポーネント
    /リモートデスクトップサービス/リモートデスクトップセッションホスト/接続

    1. ユーザーがターミナル サービスを使ってリモート接続することを許可する
  2. コントロールパネル/管理ツール/リモートデスクトップサービス/RDゲートウェイマネージャーを開き、ポリシー/接続承認ポリシー/新規ポリシーの作成
    1. タイムアウトの時間を設定します。
    2. 監視/接続の制限の編集

 

参考

[Windows] リモートデスクトップライセンスサーバーの構成とRemote Desktop CALのインストール

リモートデスクトップ(RD)ライセンスを 削除する

Windows Server 2012 R2で、リモートデスクトップサービスを無料で多分120日間使う方法

Windows2012にドメイン無しでリモートAPPを実行させる方法 

What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Add new account

Series(シリーズ)

What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP.
(Azure CSP 購入時に最初にすることについて、記述します。)

  1. What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Password reset setting.
  2. What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Add new account

Title

Add new account.
(アカウントの新規追加)

Overview(概要)

I explain add new account.
(アカウントの新規追加について説明します。)

Detail(詳細)

Azure Active Diretory>User and Group>All users

csp-addnewuser0010

Click add button(追加ボタンをクリックする。)

csp-addnewuser0030

Enter Name and User Name(名前とユーザ名を入力する)

csp-addnewuser0040

Select a role.(ロールを選択します。)

csp-addnewuser0050

Other Services>Subscription (その他サービス>サブスクリプション)

csp-addnewuser0060

Select IAM(Identity and Access Management).(アクセス制御を選択します。)

csp-addnewuser0070

Click add button(追加ボタンをクリックする。)

注意、CSPの場合は、エンドユーザは、共同作成者のみしかありませんので、追加ボタンが表示されません。
追加する必要がある場合は、所有者に依頼するしかりません。
所有者は通常ディストリビュータや、リセラーが所有していますので相談してください。

csp-addnewuser0080

Select the appropriate role. (適切なロールを選択する。)

csp-addnewuser0085

Assign the user.(ユーザを割り当てる)

csp-addnewuser0090

It was added as shown below.(下図のように追加されました。)

csp-addnewuser00110

補足:パスワード無期限にする。

AzureADへPowerShellで接続
パスワードを無期限に設定する
Set-MsolUser -UserPrincipalName <user ID> -PasswordNeverExpires $true

 

What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Password reset setting.

Series(シリーズ)

What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP.
(Azure CSP 購入時に最初にすることについて、記述します。)

  1. What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Password reset setting.
  2. What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Add new account

 

Title

Password reset setting.
(パスワードリセットの設定)

Overview(概要)

I explain password reset.
(今回は、パスワードリセットについて説明します。)

Azure CSP account is Oganization ID(xxxx@onmicrosoft.com).
(Azure CSP はユーザは組織IDになります)

If you subscribe to Microsoft Direct, you can assigne Microsoft Account (i. e. outlook.com)
(Microsoft Direct契約した場合は、outlook.com等のMicrosoft Accountになります。)

If you forget your profile settings, you will not be able to reset your password.
(設定を忘れるとパスワードがリセット出来なくなってしまします。)

Password reset screen below
(以下パスワードリセット画面)

csp-pwrest0010

 

Detail(詳細)

Azure Active Directory>User and Group(ユーザとグループ)>All Users(すべてのユーザ)

select your user(ユーザを選びます)

csp-pwrest0020

Select your profile(プロファイルを選択)

csp-pwrest0030

Please enter your mobile phone number.(携帯電話番号を入力してください。)

Please enter your e-mail address.(携帯電話番号を入力してください。)

csp-pwrest0040

login

On the login screen, select if you do not have access to your account.
(ログイン画面で、アカウントにアクセスできない場合を選択します。)

csp-pwrest0050

You can reset your password with your e-mail address as shown below.
(以下のように、メールアドレスでパスワードリセットができます。)

csp-pwrest0060

You can reset your password with your mobile phone as shown below.
(以下のように、携帯電話でパスワードリセットができます。)

csp-pwrest0070

 

Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

RD Webでパスワードのリセット画面を提供する方法を説明します。

詳細

作成中

参考

RD Web アクセスでパスワードの変更をする

リモート デスクトップ セッションでは、期限切れになったユーザーアカウントのパスワードを変更できません。

Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

RD セッション ホスト サーバーの証明書の名前が違うと以下の警告が表示されます。

それの解消方法について

詳細

このリモートコンピュータのIDを識別できません。接続しますか?

The identify of the remote computer cannot be verified. Do you want to connect anyway?

リモートコンピュータは、セキュリティ証明書に問題があったため認証されませんでした。発行すると安全でない可能性があります。

The remote computer could not be authenticated due to problems with its security certificate. it may be unsafe to proceed.

名前が一致しません。
Name mismatch

remote-certificate0010

簡単な方法は以下を public 証明書の sts.ex201606.biz に合わせてしまえばいいと思います(未検証)

ドメインを
test.local –> ex201606.biz

コンピュータ名を
remotetest –> sts

remote-certificate0020

 

Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

90日するとお試し期間が終了して使えなくなります。

正式に使用する場合には、RemoteApp にSPLAライセンス(またはボリュームライセンス)の番号を割り当てます。

詳細

Microsoft Volume Licensing Service Center から契約済みのSPLA ライセンスIDを取得します。

remotelicence0010

Windows 2012>RDライセンスマネジャー>ライセンスサーバ(例:REMOTETEST)で右クリック

アクティブ化ウィザードを起動します。

ライセンスプログラムをボリュームライセンス-オープン等などありますが、今回は以下の

Service Provider Licence Agreement を選択します。

remotelicence0020

ライセンス契約番号 を入力するとアクティブ化されます。

remotelicence0030

サーバー マネージャー\リモート デスクトップ サービス\概要

タスク>展開プロパティの編集

RDライセンスを選んで、接続デバイス数 or 接続ユーザ数を選択します。

remotelicence0040

 

Micorosft CSP(主にAzure/Office365/Dynamics365) & SPLAのライセンスパターン (2016/12月更新)

確認中:

ライセンス規約等は常に更新されており、2016/12/05日時点の情報です、責任がとれませんので、終的にはMicrosoft社もしくは販売店に確認してください。

CSPとSPLAを併用するときには要注意です。基本原則を記載します。

1-Tier CSP
(Direct)
2-Tier リセラー
(Indirect)
SPLA SPLA
Microsoft Microsoft Microsoft Microsoft
CSP
(大手Sier, Dist.)
CSP
(大手5社Dist.)
SPLA
(主に大手Dist.)
SPLA
(主に大手Dist.)
CSP Reseller
(Sier, 販売店)
SPLA
Service Provider
SPLA
Service Provider
SPLA
Software Service
Reseller
Customer
(エンドユーザ)
Customer
(エンドユーザ)
Customer
(エンドユーザ)
Customer
(エンドユーザ)

※Dist.: ディストリビュータ(問屋)

ポイント

  1. CSPは自己消費できない
  2. CutomerはAzureのポータルを表示しない、アプリの提供なら、資本関係ない会社に提供してもよい。xx(あとでリンク)の規約による。
  3. CutomerとCSP/SPLAは51%以上の資本関係があると同一会社扱いされますので注意してください。
  4. 「Azureテナントのエンドユーザ」と「SPLA Provider or Reseller」は同じ会社である必要があります。
  5. 「SPLA Service Provider」 「SPLA Software Service Reseller」間の契約に関しては、Microsoft/Dist.等に登録の必要はありません。

 

事例

  • 作成中

 

参考

  1. クラウド ソリューション プロバイダー プログラム: パートナー様のビジネスに最適なモデルを選択 【10/27 更新】

  2. SPLA プログラム ガイドを見る (PDF ファイル) (2016/10 更新) (PDF、3.70 MB)

    ソフトウェア サービス リセラーを通じたソフトウェア サービスの提供 サービスプロバイダーは、ソフトウェア サービスの拡販による収益構造の安定と向上を求めています。 サービスプロバイダーは、SPLAを活用してソフトウェア サービスリセラーにサービスを再販することで、ソフトウェア サービスの提供先を拡大し、収益を強化 することができます。

  3. マイクロソフトライセンス解析

Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

メニューの追加と、ユーザ毎にメニューを変更する方法について記載します。

メニューの重複について、リモートデスクトップサービスの再インストールした時等に重複する場合があります。

詳細(メニューの追加)

サーバー マネージャー>リモート デスクトップ サービス>コレクション

RemoteAppプログラムの公開

remoteapp-menu0010

 

「追加」ボタンをクリックして、プログラム、ファイルを選択します。

remoteapp-menu0020

「プロパティの編集」

remoteapp-menu0030

 

「ユーザの割り当て」

以下のように対象のユーザを指定することも可能

remoteapp-menu0040

test\test1 でログインすると、さきほど作成した RemoteApp プログラムが表示されますので、クリックします。

remoteapp-menu0050

ファイルが開きました。

remoteapp-menu0060

詳細(メニューの重複)

以下のように重複する場合があります。

remoteapp-menu0020

 

メニューを削除する前にいきなり、リモートデスクトップサービスを削除して、追加したり・・・

remoteapp-menu0030

その場合は、以下のレジストリに重複して登録されているので、手で削除します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\CentralPublishedResources\PublishedFarms\”

remoteapp-menu0040

 

詳しくはこちらのブログを参考にすると良いと思います。