Office365帯域調査してみました。

概要

よく聞かれるので調査しました。www

Outlook Mail(Exchange), Outlook 予定表(Exchange)、Skype for Business、Office ProPlusについて帯域調査をしてみました。

Skype for Business音声通話は40KByte程度ですが、ビデオは受信だけでも32KByte(社内・社外、低品質)~1000KByte(社内同士、高品質)になるので、ネットワーク帯域の設計は難しいですね!

※ルータやスイッチで調査してもいいのですが、PCでWiresharkで計測するのはお手軽です。

詳細

ツール

Wiresharkを起動します。統計/入出力グラフを起動します。

Outlook Mail(Exchange)

空メール(Empty Mail)を送ると最高200KByte程度です。

1Mの添付ファイルを送ると最高800KByte程度です。

空メール

1MByteメール

Outlook 予定表(Exchange)

4つ予定表を接続(リンク)してみましたが最高200KByte程度です。

予定表4つ接続(リンク)

Skype for Business(社内編)

音声通話は40KByte程度です。

ビデオは受信だけでも300KByte~1000Byte程度です。

ただ、動画フレームの差分を送ってくるようですので、あまり動かないと帯域の消費は少ないようです。

また、同じwifiでやっていたので、高画質モードになるようです。

再度下のほうで、環境を社外、社内でテストします

Skype for Business(社内・社外編)

Sofbankキャリア(iPhone) <–> Softbank 光で試してみました。

なんとビデオ通信でも32KByteでした!!!!

※MVP様に教えてもらったのですが、N人とつなげても調整するようなので、N倍数ではないようです!どても難しい

これがそのときのiPhone の画像、なんかすこしぼけているので、低画質なんですね!!

Office365 ProPlusインストールと更新について

インストール時

インストール時は以下のように1.1GB程度ダウンロードされます。

TCP View for Windowsに測定
https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/tcpview

Wiresharkで計測すると11MByte/Sec x 100Sec程度でダウンロードします。

更新時

インストールしたばかりなので、更新できないので、計測していません。

更新時はApp-Vにより差分ダウンロードになり約50Mbyte~400MByteになります。

Office 365 ProPlus へのチャネル更新プログラムのダウンロード サイズ (概算)

 

Office 2016の“更新”の謎に迫(3/3)-App-Vのテクノロジーで更新差分を効率的にストリーム配信

クイック実行形式はApp-Vテクノロジーをベースにしており、新しい更新バージョンはネットワーク帯域を占有しないように、差分のみがストリーム配信されるようになっています。

また、以下のOffice2016 Deployment Tool を使用すると社内の、ファイルサーバからインストール、更新ができます。※グループポリシーでも可能

 「Office 2016 Deployment Tool」を使用すると、社内のネットワーク共有にOffice 2016の最新バージョンまたは指定バージョンのインストールソースを準備できます。管理者は、この社内のネットワーク共有からOffice 2016の新規インストールやアップグレードを提供することができます。そして、このインストールソースは、社内に展開済みのOffice 2016 ProPlusへの、新しい更新バージョンの配布ポイントとしても利用できます。

参考1

Office 2013 クイック実行 Office 展開 – 8

Office2013と古い情報ですが

ダウンロード / オフラインでのインストールなど

グループポリシーを使用して更新の制御など

参考2

Office 2016 バージョンへのアップグレードを準備するために Office 365 ProPlus の更新を構成する

CDN 以外の場所から更新プログラムを取得するよう Office を構成する

制御する Office をアップグレードすると場合、CDN ではなく、ネットワーク共有など、社内ネットワーク上の場所から更新プログラムを入手するのには Office を構成することをお勧めします。次の方法のいずれかを使用してこれを構成できます。

  • グループ ポリシーを使用し、更新パスは、ポリシー設定を有効にします。ポリシー設定を有効にすると、ネットワーク共有など、場所を提供する必要があります。[コンピューターの構成には、このポリシー設定を検索することができます\ポリシー\管理用テンプレート\Microsoft Office 2013 (マシン)\、グループ ポリシー管理コンソールで更新します。

Office 展開ツールを使用し、configuration.xml ファイルに次の行を含めます。

参考3

Configure update settings for Office 365 ProPlus

There are two ways that you can configure update settings for Office 365 ProPlus in your organization:

  • Office Deployment Tool
  • Group Policy

Here are the update settings that you can configure by using the Office Deployment Tool or Group Policy.

Update setting Office Deployment Tool setting Group Policy setting
Set updates to occur automatically Enabled Enable automatic updates
Specify a location to look for updates UpdatePath Update path
Specify the version of Office 365 ProPlus to update to TargetVersion Target version
Set a deadline by when updates have to be applied Deadline Update deadline
Hide update notifications from users You can’t configure this by using the Office Deployment Tool. Hide update notifications
Hide the option to enable or disable Office automatic updates You can’t configure this by using the Office Deployment Tool. Hide options to enable or disable updates

 

 

更新タイミングについて

自動更新の場合は、バックグラウンドで更新されます。すべての端末が同時に実行されるのではなく、徐々に実行されていきます。

Office 365 ProPlus から Office 2016 バージョンへのアップグレードの概要

アップグレード通知のタイミング

アップグレードの条件を満たす、すべての Office インストールが同時にアップグレード通知を受信するわけではありません。Microsoft は、最初にごく一部の Office インストールに通知を送信します。その後、Microsoft は、徐々に通知を送信する数を増やしていきます。つまり、組織のユーザーの中でも場合によっては 1 週間、またはそれ以上、アップグレード通知を受信するタイミングが異なる可能性があります。

マイクロソフトでは、アップグレードの通知を送信することを起動すると、ユーザーは通知を受信する前に Office をアップグレードできます。ファイルに移動してアップグレードを開始することができます > アカウント > の更新オプションをすべての Office アプリケーションでは、 [今すぐ更新を選択するとします。Office のインストールがすべての条件を満たしている場合、アップグレードを開始します。ユーザーがローカルの管理者のコンピューターにインストールまたは Office をアップグレードすることに注意してください。

参考

  1. ベースラインとパフォーマンス履歴を使用して、Office 365 のパフォーマンスをチューニングする
  2. WireSharkで通信量を測定しながら世の中の原理とか本質とかを考えてみたときの話
  3. 以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法

     

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です