7,554 views(since 2013/10/08)

オンプレミスのSharePoint2013 NodeRunner.exeのメモリ使いすぎのせいで、SharePoint本体とVisual Studio2012の動作がめっちゃ遅い

開発環境のSharePoint2013 + VisaulStudio 2012が遅いのでメモリを増設して4G->6Gにしても、あまりかわらない。また、メモリを大量に食いつぶす

タスクマネジャーで 確認したところ、 [Microsoft SharePoint Search Component] のプロセスが5つもあり、メモリを大量に消費している。ためしに、無理やり、プロセスをおとしてみると、SharePointの動きが早くなった。

対処方法は一番下の”参考”のところにのっていたので、対策をしてみたたら4G程度になり効果があった。

検索サービスなんて、開発環境でいらないので、サービスを落としたら、3.1G程度になったここからVisual Studio2012 + etc… を動かすのでメモリは6~8Gは必要そうだ。

サービスの停止方法

[管理ツール]-[サービス] でサービスを開き

[SPSearchHostController]のサービス[停止]と [スタートアップの種類]を[無効]にした。

結果

30分以上動かない、超重かった Visual Studio 2012 のデバックとかが、さくさく動くようになった!!

参考

SharePoint 2013 Preview NodeRunner.exe メモリーリーク

http://crieilluminate.wordpress.com/2012/10/02/sharepoint-2013-preview-noderunner-exe-%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF/

TechNet Blogs

http://blogs.technet.com/b/mpriem/archive/2012/09/05/sharepoint-2013-preview-hungry-search-service.aspx

Filed Under: Office365Office365 AppOffice365-start

Tags:

About the Author

野呂清二(ご連絡はこちらまで (http://www.exceedone.co.jp/inquiry/)

Leave a Reply




If you want a picture to show with your comment, go get a Gravatar.