Office365勉強会#3 の感想

Office365勉強会#3を終えて

Offie365のアプリケーション開発の難しいところは、クラウドサービスのため、MSのタイミングでバージョンアップが割と早い周期でされていく、しかも、先行して一部のユーザがバージョンアップしていく中で、作りこんだ業務アプリケーションをどう対応していくかというのは非常に難しい問題だと思った。

枯れた技術のJavaScriptを使っておけばわりと安心という情報も得られました。

わたしの場合はそれとは逆行して中小企業向けにリッチで親切なアプリを安く、提供するためにSilverLightをもちいてDemoアプリを作成しました。

メリットとしては、短期間で複雑でリッチかつ高速に動くアプリがつくれる。

デメリットとしてはやはり、Office365がどんどん進化する中で、バージョンアップに耐えられるかとういうことだと思う。

今後はOffice365のバージョンの差分を吸収するモジュールも別途作成、公開していきたいと思います。

また、Office365とPC、モバイル等を利用してビジネスパーソンをわずらわしい業務から解放できることが可能だと思いました。

最後に、今回の勉強会では私の知らない、知識もたくさん吸収できいい機会になりました。

Office365 勉強会 #3 まとめ

http://www.office365room.com/?page_id=1065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です