153 views(since 2013/10/08)

AAD Connect による、ADFS アプリテスト環境の作成の手順(SSL取得込で2時間で作れます)

概要

企業にはADFSが導入されている場合があり、AAD(Azure Active Directory)  アプリ (Application + OAuth2)のテスト環境が必要になります。

しかしながら、アプリの作成者がADFSを作成するには、難しいポイントがいくつかあるので、説明します。

この通りやると2時間程度でADFSテスト環境が作成できます。

はじめて、作成したので、アプリエンジニアがはまりそうなところは全部網羅していますので、ご期待ください。

全9回(作成中)

  1. ADFSとはなにか
  2. Office365を契約する。
  3. onamae.com でドメイン取得し、Office365にドメインを追加する。
  4. Azure Portal にログインできるようにして、AADを確認する。
  5. Local Windows Server OSインストール, AD(Active Directory)環境構築
  6. 試にディレクトリ同期(DirSync)のみでテストしてみる(この手順は不要です)
  7. SSLの取得、httpsのルータの設定
  8. ADFS(ディレクトリ同期+ 認証基盤)
  9. 動作確認(社内AD参加PCから、社外AD不参加PCから)

 

注意

OutlookのDesktopがうまく同期できない。おそらくSSLの問題なようなので調査中です。

Filed Under: AzureOffice365アプリ未分類

Tags:

About the Author

野呂清二(ご連絡はこちらまで (http://www.exceedone.co.jp/inquiry/)

Leave a Reply




If you want a picture to show with your comment, go get a Gravatar.