77 views(since 2013/10/08)

Azure RemoteApp for Office365 Proplus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法

概要

「Azure RemoteApp」で、ファイルが共有できるように、

「Azure Files」を使用してファイルを共有してみました。

 

詳細

Azure>ストレージアカウント>追加

2016-08-07 (46)

作成

2016-08-07 (47)

「ファイル」を選択

2016-08-07 (49)

名前を入力して「作成」ボタンをクリックする。

2016-08-07 (50)

作成された、Azure Files のMenu>接続 をクリックするとマウントする方法が表示されます。

net use [ドライブ文字] \\ex20160807storage.file.core.windows.net\test /u:ex20160807storage [ストレージ アカウントのアクセス キー]

2016-08-07 (51)

「アクセスキー」をコピーします。

2016-08-07 (52)

Azure RemoteAppのExcelからマウントしてみます。

※「Windows File Explorer」や「 コマンド」アプリケーションを発行していない場合

Excel>ファイル>名前を付けて保存>コンピュータ>参照

2016-08-07 (53)

PC>ネットワークドライブの割り当て

2016-08-07 (54)

「ドライブ」を選択

「フォルダー」を入力

別の資格情報を使用して接続する。

2016-08-07 (55)

パスワードは「アクセスキー」の「Key1」を入力する。

2016-08-07 (56)

マウントされているので、Azure Filesにファイルを保存して、RemoteApp等でファイルを共有できるようになります。

2016-08-07 (59)

コマンドがアプリケーションが発行されている場合はAzure Filesをマウントできます。

2016-08-07 (61)

net use X: \\ex20160807storage.file.core.windows.net\test /u:ex20160807storage MDiDHk17E6OJeqAOLP69NeaDzXCWsfdfsdfsdfsfdsfsdfsfsdfsdfWrQAu/vO05s0P8jOfG3a5V+H+lV2Mnt6LrAA==

2016-08-07 (63)

 

Filed Under: AzureOffice365全般

About the Author

野呂清二(ご連絡はこちらまで (http://www.exceedone.co.jp/inquiry/)

Leave a Reply




If you want a picture to show with your comment, go get a Gravatar.