Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

90日するとお試し期間が終了して使えなくなります。

正式に使用する場合には、RemoteApp にSPLAライセンス(またはボリュームライセンス)の番号を割り当てます。

詳細

Microsoft Volume Licensing Service Center から契約済みのSPLA ライセンスIDを取得します。

remotelicence0010

Windows 2012>RDライセンスマネジャー>ライセンスサーバ(例:REMOTETEST)で右クリック

アクティブ化ウィザードを起動します。

ライセンスプログラムをボリュームライセンス-オープン等などありますが、今回は以下の

Service Provider Licence Agreement を選択します。

remotelicence0020

ライセンス契約番号 を入力するとアクティブ化されます。

remotelicence0030

サーバー マネージャー\リモート デスクトップ サービス\概要

タスク>展開プロパティの編集

RDライセンスを選んで、接続デバイス数 or 接続ユーザ数を選択します。

remotelicence0040

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です