Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

  1. Azure RemoteAppは 2017年8月31日迄利用できる。
  2. Azure RemoteAppは2016年10月1日迄新規購入できる。
  3. Citrixと協業して、開発を進めているXenApp “express” へ移行するようです。
  4. XenApp Trial は英語OS/Office365 Office2013 ProPlusがインストール済みでした。
    ※キーボードが英語配列(101配列)
    ※Office2013 日本語の入れ替えはXenAppを勉強すればできそうです。
  5. Citrix XenApp は、Microsoft RDS を拡張しています。

XenApp Trial の解説

XenApp “express” ではないですが、現在XenApp TrialがAzureで1か月間利用できます。

参考:Citrix Synergy 2016 – SYN305 – Architect Citrix on Microsoft Azure

 

XenApp インストール

Office365が利用できるか確認するために、AzureにXenApp Trial をDeployします。(以下URL参考)

 

Azure>新規>XenApp Tiral

仮想マシンが6台できます。

2016-08-20 (6)

料金は、1日で2000円ぐらい?

Standard A1 (1 コア、1.75 GB メモリ) x 6台?

2016-08-20 (7)

 

2時間ぐらいすると作成が完了したメールがきます。

メール>Login to StoreFront

2016-08-20 (8)

XenApp作成した時のユーザID,パスワードを入力

2016-08-20 (9)

デスクトップがあります。

2016-08-20 (10)

RemoteApp で既にOffice 365 Office 2013 ProPlusがインストールされています。

2016-08-20 (11)

ライセンス認証のログインが表示されますので、Office365でログインするとライセンス認証されます。

2016-08-20 (12)

Citrix Director – 監視・運用

※ドメインは XenApp と入力する

2016-08-20 (13)

2016-08-20 (14)

Citrix Studio -導入・設定

2個 仮想マシンがあります。

2016-08-20 (15)

参考

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です