Windows 8.1+Visual Stduio 2013 ハブコントロールでストアアプリ作ってみた

概要

Visual Studio 213 RC でWindowsストアアプリのサンプルを作ってみた。

また、Visual Studio 2013 から作成できる「ハブコントロール」を試してみました。

※異なる種類のセクションを機能的にうまく表示させる画面にできるコントロール(トップページ、グループページ、項目の詳細ページ)

Windows ストアアプリといっても、Windows ローカルアプリをWPF(XAML) で作ったことがある人なら

簡単に作れます。(マウスじゃなくタッチを中心に考えて、タッチ領域は大きめにね。)

またHTML/CSSでもWindows ストアアプリは作れる。

WPF(XAML)については以下を参照

Windows 8.1インストール

  1. ダウンロード Windows 8.1 iso ファイル
    win81_vs2013_storeapp0010
  2. isoファイルの中にある「Setup.exe」を実行する
    win81_vs2013_storeapp0020
  3. 「引き継ぐ項目を選んでください」といわれるので、適当に選んで「次へ」
    win81_vs2013_storeapp0030
  4. 画面を次へ適当に進んで、インストール開始される30分ぐらいでで、インストールされます。
    例の「スタート」アイコンが表示されている。
    左クリックすると「スタート画面」が開きます。
    win81_vs2013_storeapp0040
  5. 右クリックするとOSシステムのメニューがでてくる。(いつも Windows+X 押してるやつね)
    win81_vs2013_storeapp0050
  6. IEもIE10からIE11になってた
    win81_vs2013_storeapp0110

Visual Studio 2013 RC にてハブコントロール Windowsストアアプリ作成

  1. Visual Studio 2003 起動します。
    win81_vs2013_storeapp0060
  2. Windowsストアアプリの「ハブアプリ(XAML)」 を新規作成します。
    win81_vs2013_storeapp0070
  3. 自動的にサンプルが作成されます。
    XAML のライブラリをいくつか取り込んでます。
    win81_vs2013_storeapp0080
  4. デザインをみてみますと、やっぱりXAMLです。
    win81_vs2013_storeapp0090
  5. Visaul Studio 2003から実行するとデバックできます。
    あとは中身を適当にいれればWindows ストアアプリ作成できます。
    簡単ですね。
    win81_vs2013_storeapp0100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です