8,703 views(since 2013/10/08)

Visual Studio Team Fundation Server Express 2012のインストールと使い方

Visual Studio Team Fundation Server Express 2012 がでました。 Express は5人まで無料で使用することが可能です。

Visual Studio 2012上でチームでソース・コードを共有するにはとても便利なツールです。

インストールについては非常に簡単なのですが、実際に使うとなるとすこし難しいので説明します。

事前にOSをインストールします、今回はWindows2012を使用して、ドメインにも参加させました。

Team Fundation Server Express 2012のインストール

1. まず以下のURLから「今すぐインストール」を選択します。

http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/downloads#d-team-foundation-server-express

2. インストールが始まります

3. 「ウィザードの開始」をクリックします。

4. 「構成」ボタンをクリックします。

5. しばらくまちますとセットアップが終わります。

6. 完了すると以下のTFS管理コンソールが表示されます。

クライアントPCからTeam Fundation Serverに接続する。

1. 別のPCで、Visual Studio 2012を起動して「Team Fundation Server」に接続します。

2. 「サーバ」をクリックします。

3. 「追加」をクリックする

4. TFSのサーバ名を入力して「OK」をクリックする

5. 「閉じる」をクリックする

6. 「接続」をクリックする。 (左下にログインしたい、ログインユーザが出てこない場合は、以前にログインした情報がのこっていますので、[コントロールパネル]-[ユーザーアカウント]の[詳細設定]タブの[パスワードの管理]等でキャッシュをクリアしてください)

7. TFSサーバに接続されたら、「チームエクスプローラー」「新しいチームプロジェクトの作成」をクリックします。

8. チームプロジェクトに任意の(ここでは “EAP”)名前を入力後、「次へ」ボタンを押します。

9. 柔軟性があると書いてあるので、とりあえず、テンプレートは「MSF for Agile Software Development 6.1」を選択して「完了」をクリックします。

10. 「次へ」をクリックする

11. 「次へ」をクリックするとサーバにソースフォルダーが作成されます。

12. TFSにさきほど指定した”EAP”という場所を作成する

13. セキュリティの設定をするために「チームエクスプローラ」タブの「Webアクセス」をクリックして必要ならユーザを追加します。

14. 以下のサイトが表示されます。

15. 右上の「設定の管理」をクリックします。

16. 「EAPチーム」を選択します。

17. 「メンバー」をクリックしてユーザを追加します。

18.  「プロジェクト管理者」にも必要なユーザを追加します。

 TFSサーバにソースをアップロードします。

1. 今回は既存のソースからアップロードする場合を説明します。以下のソリューションを開きます。

2. ソリューションを選んで右クリックして「ソリューションをソース管理に追加」を選択する

3. 「OK」をクリックする

4. 各ソリューション、プロジェクト、ソースの前に”+”がつきます。

5. ソリューションを選んで、右クリックして、「チェックイン」します

6. 「チェックイン」を押すと、TFSにソース・コードがアップロードされます。

7. 「はい」をクリックする

8. チェックインされると 鍵マークがつきます。

違うPCからもTFSサーバに接続してソース・コードをダウンロードする。

1. 違うPCで、Visual Studio 2012を起動して「Team Fundation Server」に接続したあと、「ソース管理エクスプローラー」をクリックする

2.  TFSのフォルダーを選んで、ローカルフォルダーにマップします。

3. 「サーバフォルダー」と「ローカルフォルダー」とマップします。

4. マップ後「はい」と押すとダウンロードされます

メモ) もしか、再度行う場合うまくいかない場合は、ワークスペースを削除してから再度、設定してみてください。

5. 「マップ」をクリックします。

6. 「はい」をクリックします。

7. 以下のようにプロジェクトがTFSよりダウンロードされて表示されます。

バックアップについて

MSの説明では以下のデータベースをバックアップすればよいみたいです。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/ms253151.aspx

テスト等時間がかかりそうなので、今回は, Hyper-Vのスナップショットと、たまにソース・コードをバックアップするこにします。

また時間があるときにやります。

Filed Under: Microsoft

About the Author

野呂清二(ご連絡はこちらまで (http://www.exceedone.co.jp/inquiry/)

Leave a Reply




If you want a picture to show with your comment, go get a Gravatar.