24,834 views(since 2013/10/08)

Visual Studio 2013 GitHubの使い方

はじめに

最近よく聞く「GitHub」でVisual Studio 2013では標準で「GitHub」に接続できちゃいます。

そもそも「GitHub」は、GitというLinuxを作った人が、開発したオープンソースのバージョン管理ソフトです。

それを無料・有料でホスティングしているのがGitHubです。

そもそもGitHubとは一体何か?
http://jp.techcrunch.com/2012/07/15/20120714what-exactly-is-github-anyway/

Microsoftの少し前の技術ですと「Visual Source Safe」や、今ですと「Team Foundation Server」
などを使用していたと思いますが。

公開してオープンソースで開発するとなるとGitHubが便利です。
※公開しないプライベートでもできます。

自分のソースを公開したり、いっしょに開発したりするのによさそうです。

1. GitHubにユーザを登録しておきます。

githubvs0010

2. GitHubにからのリポジトリを作成しておきます。

Tabの[Repositories]で、[New]をおします。

githubvs0020

3. 今回は[Test3]でリポジトリを作成します。

githubvs0030

4. Visual Studio で、なんでもいいので、新規プロジェクトを作成します。

今回は[MVC5]で作成しました。

githubvs0040

5. Visual Studio の設定

[ツール][オプション]

[ソース管理][プラグイン選択][現在のソース管理プラグイン]を[Microsoft Git Provider] に設定する。

githubvs0050

6. GitHubへの接続設定

githubvs0060

ユーザ名、、電子メールアドレス等設定する。

githubvs0070

7. ソリューションを選んで右クリックしてコミットしてローカルリポジトリにソースを格納する。

githubvs0080

PCのローカルのリポジトリにコミットされます。

githubvs0090

8. リモートのGitHubと同期するために、[同期されていないコミット]ボタンを押す

最初のときだけGitHubのリポジトリのURLをきいてくるので入力します。

今回は https://github.com/snoro/Test3 と入力後発行します。

githubvs0100

そしてGitHubをみるとアップロードされています。

githubvs0110

補足1 GitHubのリモートアドレスの変更

GitHubのURLの設定のところは、ローカルリポジトリを作成後、同期のときの、1回しか、表示されないので、

もしかしたら、コマンド等でGitHub(リモートリポジトリ)のURLを変更しないといけないかもしれないのです。

わたしは、わからないので、ローカルリポジトリを新規作成して、GitHub(リモートリポジトリ)のURLを変更しています。

githubvs0120

補足2 カレントのローカルリポジトリの変更

ソリューション作成時は、カレントリポジトリにプロジェクトを作ります。

また、カレントローカルリポジトリは消せませんので、削除する場合等には切り替える必要があります。

その場合、電源プラグみたいなアイコンをクリックしてカレントにしたいローカルリポジトリをダブルクリックします。

githubvs0130

補足3 GitHubとの同期時に重複エラーが表示され、うまく同期でくなくなったら

GitHub側でReadme 等修正するとなぜか重複等で、同期が失敗する場合があります。

コマンドたたけば治せるのでしょうけど、

GitHub側を正としていいなら、簡単なのでGitHubから、もう一度複製しちゃってもいいです。

githubvs0140

参考

Create, Connect, and Publish using Visual Studio with Git

Filed Under: GitMicrosoft

About the Author

野呂清二(ご連絡はこちらまで (http://www.exceedone.co.jp/inquiry/)

Leave a Reply




If you want a picture to show with your comment, go get a Gravatar.