OSSはじめました!(ほぼ日記)

始めたきっかけ

いままで、Azure, Office365, Windows OS上で使用するプロダクトを作ってきましたが。

もっと、たくさんの人に使ってもらえるように出来ないかと思い始めました。

また、開発者にもブランド化してほしいと思います。

 

世の中も、AI, IoT Robotと目まぐるしく変化しています。

やばい、やばすぎる、この現実、時は残酷なり。

10年に1回モデルチェンジをしている私としては、モデルチェンジの時期がきたと思いました。

ということで、大幅に考えを変えることにしました。

 

時代はOSS、Microsoft も Love Linuxの時代です。
そこで、OSSだと思いました。

OSSとは一体何か?

今回詳しく調べてみました。

オープンソースソフトウェアとは

OSSとは、オープンソース概念に基づきソフトウェアソースコード無償公開され、改良や再配布を行うことが誰に対して許可されているソフトウェアのことである。あるいは、オープンソースに関する文化啓蒙活動を行っているThe Open Source Initiativeによって認定されたソフトウェアのことである。

Weblio

ソースコードを無償で公開して、改良・再配布を自由に行うことができるようにすること。

いままで、商売でコードを書いてきた私にとっては、とてつもなく高いハードル。。。。。

でもこのままでは、古い人間になってしまう。

ということで、オープンソースで収益を上げている人たちを調べてみました。

Profitモデル

  1. RedHat
    有名なRedHat なんと20億ドルも売り上げをあげている。Global企業すぎていける気がしない
    Red Hatはクラウドへの移行で50億ドル企業をねらうが、Linuxだけでは無理かもしれない
  2. EC-CUBE
    日本初のE-Commerce OSS 有名だが、売上わからない。帝国データバンクで調べないといけないのでパスしました。カート決済、サイトのホスティングサービス、カスタマイズでたくさん儲けてそうです。
  3. GitHub
    Gitを使いSaaSサービスを無料・有償で提供しています。
  4. Wijmo
    開発ツール、無料と商用ありで、当社も購入しています。
    ライセンス

いづれの企業もユーザの導入障壁を下げて、OSSを簡単に利用でき、ライセンス費用、ベンダーロックを回避することにより、良いサービスを多くのユーザに届けています。

金勘定は、後ですることにして、私の会社で適用できそうなビジネスモデルは以下かなと思います。

  1. SaaSでサービス提供(サーバ運用・サポート)
  2. 技術アピールによる、受託サービス

 

ツールの選定

現在ベトナムの英語ベースの技術者ロンさんと開発しているので、

日本に依存したツールは一切排除、開発も全部英語でしています。

これで、私の英語レベルも向上して将来的には世界へプロダクトをプレゼンして売るぞと!!!

Xamarin

時代はスマホということで、スマホのアプリを作るうと。

AndroidとiOS, Windows Phone で全部作りこむ体力がないので、問答無用でXamarinにしました。

現在、Azureの講師もしているので、Azure Loveな私としては、サーバはAzureでこちらも問答無料です!!

ベトナムではAWSがひろまっているようですので、Azureのよさをベトナムに広げていきます!!

ということでこちらが最終構成イメージになります。

 

Office365

もちろん、Office365も連携させますよ。使命をもって!!

 

GitHubで始めたOSSプロジェクト

https://github.com/exceedone

 

では、皆様おろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です