必要なのでWindowsアプリのパケットキャプチャーしてみた。

概要

ファイル権限デザイナーの製品についてネットワークポートのチェックが必要になり。

パケットキャプチャー(packet capture)してみました。

packetcapture_FAD0050

エンタープライズのお客様ですと、グローバルでネットワークを組み、パケットフィルタリング等も行っているので

使用ポート等の問い合わせを受けるときがあります。

予想されるポート

前回ブログ(ファイル権限デザイナーで使用しているNet系APIについての解説)のような関数を使用しており、

クライアントPCからファイルサーバの権限情報取得・設定、ユーザ情報の読み込みには

主に LDAP, SMB, DNS を使っていると想定されるます。

 パケットキャプチャーしてみよう。!

  1. 以下のサイトから [Microsoft Network Monitor 3.4]をダウンロードして、インストールします。
    http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=4865
    packetcapture_FAD0010
  2. インストール後(以下はWindows8の画面 )、管理者権限で起動します。
    packetcapture_FAD0020
  3. 新規作成してキャプチャーを開始します。
    packetcapture_FAD0030
  4. キャプチャー結果は以下のとおり正解でした!!!
    TCP 135 DHCP server, DNS server and WINS
    TCP 445 Microsoft-DS Active Directory, Windows shares(SMB2)
    TCP 389 Lightweight Directory Access Protocol (LDAP)
    packetcapture_FAD0040

 

次回

今回はポートを確認できましたので、次回は実際にFirewall 等を使用して、アプリの動作確認をしてみます。

参考

Windows 8 でパケットキャプチャ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です