Nextsetポイント – ネクストセット・組織ワークフロー 編

Nextsetのポイントシリーズ

  1. Nextsetポイント – Nextset 安否確認 編
  2. Nextsetポイント – ネクストセット・組織ワークフロー 編

 はじめに

Office365で利用できる、「ネクストセット・組織ワークフロー  for Office365」 つきましてポイントを明記します。

主な要件の確認事項

  1. SharePointのページ構成
    チームサイトと権限の設定
  2. ユーザについて
    Office365のユーザ
  3. 管理者について
    SharePointページにアプリを配置する。
    ひな形の種類について確認する。

基本的なセットアップは以下を参照のしてください。

ネクストセット・組織ワークフロー for Office 365 とは!?

 

3つのSharePointのページを作成します。

  1. Workflow Admin.aspx(「組織ワークフロー管理者用」 アプリを追加します。)
    管理者が利用する画面になります。
    ※初期管理者以外でも利用可能にするには、以下で可能です。
    組織ワークフロー管理者用>その他の設定>組織ワークフローアクセス制御
  2. Workflow User.aspx(「組織ワークフローの件数サマリー表示」「組織ワークフローのユーザ用アプリパーツ」 アプリを追加します。)

組織ワークフロー管理者用画面で基本的な設定をする。

 

組織ワークフロー管理者用画面>その他の設定>ユーザー連携設定

Office365のユーザアカウントと連携するには以下を設定します。

 

組織ワークフロー管理者用画面>その他の設定>CSVファイル

CSVにエクスポートした際にExcel読み込み時文字化けるするので、UTF-8–>Shift-JISにする。

組織ワークフロー管理者用画面>連携設定

Office365管理者アカウントのメールアドレスとパスワードを入力して、「設定の保存」を押します。

※「最新のOffice365情報を反映」をクリックすると、次の 0分時に実行されます。

その後、私の環境では、毎日2時30分ごろに実行されるようです。

 

組織ワークフロー管理者用画面>スマートフォン設定

通常のワークフローのWeb画面とスマートフォン用のURLもメールに添付します。

組織ワークフロー管理者用画面>申請書ひな型

ユーザに表示するひな型を作成します。標準でたくさんあります。

ネクストセットのワークフローの承認ルート設定について

ネクストセットのワークフローは申請書ひな形単位で、承認ルート1~10まで設定できます。また、項目の金額によって、承認ルートを変更できます。


承認ルート1~10の切り替えは以下のようにJavaScriptでコーディングする必要があります。

承認ルートは承認ルートビルダー・もしくはHTMLを直接コーディングできます。

  1. 承認者追加ボタンの表示
    「申請者」と設定されているプロセスは、承認者を「追加」できるボタンを表示されます。
  2. 承認者追加(部署指定)ボタンの表示
    確認中
  3. 承認者削除ボタンの表示
    「申請者」と設定されているプロセスは、承認者を「クリア」できるボタンを表示されます。
  4. 承認者の指定条件
    1. 「承認者1」と設定されているプロセスは、「ユーザ情報>承認者1」が表示されます。
    2. 「メールアドレス = soumu_bucho@example.com」と設定されているプロセスは対象のメールアドレスが表示されます。
    3. 「部署1(事業所) = 総務部」かつ「役職(NOT条件) = 部長」と設定されているプロセスは「ユーザ情報」の部署1=総務部 かつ 「ユーザ情報」の役職が部長以外が表示されます。
  5. 編集可能項目
    各プロセスで編集を許可する項目を設定できます。

このように設定すると承認ルートが設定されます。

また、ユーザ情報一覧に承認者1が設定されているため、自動でユーザが承認者1が設定されています。

マスター登録について

組織ワークフロー管理者用画面>その他の設定>CS

パソコン設置依頼の場合には事業部マスターが必要になります。

データはCSVファイルをインポートする方法しかなさそうです。

交通費精算のひな形はマスターが登録されていないので、グループ項目を設定していますが、マスターを利用したドロップダウンも可能です。

ネクストセット・組織ワークフロー for Office 365 とは!?

マスターを作成します。

フォームレイアウトビルダーで設定します。

以下のような感じにドロップダウンになります。

 

また、一度に4つの項目(1つは隠しフィールド)にも選択後、値を設定できます。

ネクストセット・組織ワークフロー for Office 365 とは!?
 

仮払申請(交通費精算連携機能)とは

確認中

印刷機能について

確認中

その他

  1. Rest APIでデータを取得したり、申請を作成したりすることが可能です。
  2. JavaScriptでプログラミングが可能です。
  3. 2つのコンボボックスの内容を連動(参照用マスターデータ利用)
  4. マスターから情報を取得して各ボックスにセット(同期処理版)

 

動作確認

申請者のSharePoint>組織ワークフローのユーザ用アプリパーツ

仮払申請を選択して「新規申請」をクリックします。

項目を入力します。

申請ボタンを押します。

申請者のSharePoint>組織ワークフローのユーザ用アプリパーツ

以下のように申請がきます。

 

承認ボタンをクリックします。(回覧の場合は回覧ボタン)

Nextsetポイント – ネクストセット・安否確認 編

Nextsetのポイントシリーズ

  1. Nextsetポイント – Nextset 安否確認 編
  2. Nextsetポイント – ネクストセット・組織ワークフロー 編

 はじめに

Office365で利用できる、「ネクストセット安否確認 for Office365」 つきましてポイントを明記します。

主な要件の確認事項

  1. SharePointのページ構成
    チームサイトと権限の設定
  2. ユーザについて
    Office365のユーザ(ユーザに情報編集させるか?)
    Office365以外のユーザ(管理者側でユーザ情報編集か?もしくは、ライセンスなしユーザ作成は可能か?)
  3. グループ管理者について
    グループについて、地域によりグループを分けるか?
    安否確認をグループ管理者にて実施するか?
  4. 管理者について
    安否確認のWebフォーム編集
    安否自動送信設定
    メールかSMSが選択できます。SMSには別途契約が必要
    確認フォームひな型を作成する。

SharePointページにアプリを配置する。

基本的なセットアップは以下を参照のしてください。

ネクストセット・安否確認 for Office 365 とは!??

 

2つのSharePointのページを作成します。

  1. Workflow Admin.aspx(「組織ワークフロー  管理者用」 アプリを追加します。)
    管理者が利用する画面になります。
    ※初期管理者以外でも利用可能にするには、以下で可能です。
    「組織ワークフロー管理者用」>その他設定>追加で管理者画面使用を許可するユーザ/グループ
  2. Workflow User.aspx(「組織ワークフローユーザのアプリパーツ」 アプリを追加します。) 

安否確認管理者画面で基本的な設定をする。

 

安否確認管理者画面>一般設定>Office365アカウントの自動反映の設定

ユーザ追加時、自動的にアカウントを追加、削除する場合は以下で設定します。

安否確認管理者画面>組織情報取得の設定

Office365管理者アカウントのメールアドレスとパスワードを入力して、「設定の保存」を押します。

その後、最新の組織情報を反映を押すと、1時間?、私の場合はなぜか8時間後に同期されました。

※その後は、毎日18時~19時に同期されているようです。

同期のログを表示すると以下のようにOffice365から13ユーザインポートに成功しています。

安否確認管理者画面>連絡先情報

グループがないので「グループ追加・削除」でグループを作成します。

※「管理者メールアドレス」に登録されたユーザは、「安否確認 グループ管理者画面」でグループ管理者になります。

ユーザにグループを割り付けます。1つしか割り付けできません。

※安否確認画面(ユーザ用)でユーザ自身がグループを設定することができます。
※メールアドレスには、Office365でないユーザの場合は、メールアドレスにOffice365アカウント以外のメールアドレスを設定します。

安否確認管理者画面>表示項目の設定

ユーザに表示・編集させる項目を選択できます。

安否確認管理者画面>安否確認メール

ユーザに安否メールを手動で送信する場合にの画面になります

安否確認管理者画面>安否確認自動送信メール

ユーザに安否メールを自動(震災情報に応じて)で送信する場合にの画面になります。

安否確認管理者画面>一般設定

安否確認自動送信の設定、震度に応じて自動でメールを送信します。

※対象の地域のみ、メールを送信するため、グループに地域が設定されていないと送信されません。

安否確認管理者画面>確認フォームひな形

安否確認メール受信のリンクを開いた時に、表示されるWEB画面になります。

動作確認

安否確認管理者画面>安否確認メール

「選択したグループに配信」ボタンをクリックすると安否確認メールが送信されます。

 

配信したメールアドレスが表示できます

安否確認の配信ログ確認

こちらのアプリでも配信したメールアドレスが表示できます。

ユーザのメール>安否確認

URLをクリックする。

 

安否状況確認フォーム

安否情報を入力して「送信」をクリックします。

 

管理者のメール

安否情報が返信されています。

安否確認管理者画面>安否確認結果

安否管理者画面でも確認できます。

Office365帯域調査してみました。

概要

よく聞かれるので調査しました。www

Outlook Mail(Exchange), Outlook 予定表(Exchange)、Skype for Business、Office ProPlusについて帯域調査をしてみました。

Skype for Business音声通話は40KByte程度ですが、ビデオは受信だけでも32KByte(社内・社外、低品質)~1000KByte(社内同士、高品質)になるので、ネットワーク帯域の設計は難しいですね!

※ルータやスイッチで調査してもいいのですが、PCでWiresharkで計測するのはお手軽です。

詳細

ツール

Wiresharkを起動します。統計/入出力グラフを起動します。

Outlook Mail(Exchange)

空メール(Empty Mail)を送ると最高200KByte程度です。

1Mの添付ファイルを送ると最高800KByte程度です。

空メール

1MByteメール

Outlook 予定表(Exchange)

4つ予定表を接続(リンク)してみましたが最高200KByte程度です。

予定表4つ接続(リンク)

Skype for Business(社内編)

音声通話は40KByte程度です。

ビデオは受信だけでも300KByte~1000Byte程度です。

ただ、動画フレームの差分を送ってくるようですので、あまり動かないと帯域の消費は少ないようです。

また、同じwifiでやっていたので、高画質モードになるようです。

再度下のほうで、環境を社外、社内でテストします

Skype for Business(社内・社外編)

Sofbankキャリア(iPhone) <–> Softbank 光で試してみました。

なんとビデオ通信でも32KByteでした!!!!

※MVP様に教えてもらったのですが、N人とつなげても調整するようなので、N倍数ではないようです!どても難しい

これがそのときのiPhone の画像、なんかすこしぼけているので、低画質なんですね!!

Office365 ProPlusインストールと更新について

インストール時

インストール時は以下のように1.1GB程度ダウンロードされます。

TCP View for Windowsに測定
https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/tcpview

Wiresharkで計測すると11MByte/Sec x 100Sec程度でダウンロードします。

更新時

インストールしたばかりなので、更新できないので、計測していません。

更新時はApp-Vにより差分ダウンロードになり約50Mbyte~400MByteになります。

Office 365 ProPlus へのチャネル更新プログラムのダウンロード サイズ (概算)

 

Office 2016の“更新”の謎に迫(3/3)-App-Vのテクノロジーで更新差分を効率的にストリーム配信

クイック実行形式はApp-Vテクノロジーをベースにしており、新しい更新バージョンはネットワーク帯域を占有しないように、差分のみがストリーム配信されるようになっています。

また、以下のOffice2016 Deployment Tool を使用すると社内の、ファイルサーバからインストール、更新ができます。※グループポリシーでも可能

 「Office 2016 Deployment Tool」を使用すると、社内のネットワーク共有にOffice 2016の最新バージョンまたは指定バージョンのインストールソースを準備できます。管理者は、この社内のネットワーク共有からOffice 2016の新規インストールやアップグレードを提供することができます。そして、このインストールソースは、社内に展開済みのOffice 2016 ProPlusへの、新しい更新バージョンの配布ポイントとしても利用できます。

参考1

Office 2013 クイック実行 Office 展開 – 8

Office2013と古い情報ですが

ダウンロード / オフラインでのインストールなど

グループポリシーを使用して更新の制御など

参考2

Office 2016 バージョンへのアップグレードを準備するために Office 365 ProPlus の更新を構成する

CDN 以外の場所から更新プログラムを取得するよう Office を構成する

制御する Office をアップグレードすると場合、CDN ではなく、ネットワーク共有など、社内ネットワーク上の場所から更新プログラムを入手するのには Office を構成することをお勧めします。次の方法のいずれかを使用してこれを構成できます。

  • グループ ポリシーを使用し、更新パスは、ポリシー設定を有効にします。ポリシー設定を有効にすると、ネットワーク共有など、場所を提供する必要があります。[コンピューターの構成には、このポリシー設定を検索することができます\ポリシー\管理用テンプレート\Microsoft Office 2013 (マシン)\、グループ ポリシー管理コンソールで更新します。

Office 展開ツールを使用し、configuration.xml ファイルに次の行を含めます。

参考3

Configure update settings for Office 365 ProPlus

There are two ways that you can configure update settings for Office 365 ProPlus in your organization:

  • Office Deployment Tool
  • Group Policy

Here are the update settings that you can configure by using the Office Deployment Tool or Group Policy.

Update setting Office Deployment Tool setting Group Policy setting
Set updates to occur automatically Enabled Enable automatic updates
Specify a location to look for updates UpdatePath Update path
Specify the version of Office 365 ProPlus to update to TargetVersion Target version
Set a deadline by when updates have to be applied Deadline Update deadline
Hide update notifications from users You can’t configure this by using the Office Deployment Tool. Hide update notifications
Hide the option to enable or disable Office automatic updates You can’t configure this by using the Office Deployment Tool. Hide options to enable or disable updates

 

 

更新タイミングについて

自動更新の場合は、バックグラウンドで更新されます。すべての端末が同時に実行されるのではなく、徐々に実行されていきます。

Office 365 ProPlus から Office 2016 バージョンへのアップグレードの概要

アップグレード通知のタイミング

アップグレードの条件を満たす、すべての Office インストールが同時にアップグレード通知を受信するわけではありません。Microsoft は、最初にごく一部の Office インストールに通知を送信します。その後、Microsoft は、徐々に通知を送信する数を増やしていきます。つまり、組織のユーザーの中でも場合によっては 1 週間、またはそれ以上、アップグレード通知を受信するタイミングが異なる可能性があります。

マイクロソフトでは、アップグレードの通知を送信することを起動すると、ユーザーは通知を受信する前に Office をアップグレードできます。ファイルに移動してアップグレードを開始することができます > アカウント > の更新オプションをすべての Office アプリケーションでは、 [今すぐ更新を選択するとします。Office のインストールがすべての条件を満たしている場合、アップグレードを開始します。ユーザーがローカルの管理者のコンピューターにインストールまたは Office をアップグレードすることに注意してください。

参考

  1. ベースラインとパフォーマンス履歴を使用して、Office 365 のパフォーマンスをチューニングする
  2. WireSharkで通信量を測定しながら世の中の原理とか本質とかを考えてみたときの話
  3. 以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法

     

     

Report : Vietnam Japan Cloud Developer 2017 in Hanoi

Event Page

https://connpass.com/event/67792/

Event Photo

All Video

VJCD All Video(Youtube)

Event Slide & Video

Hieu (TTM)

Seiji Noro

Possibility of development and operation of Microsoft’s cloud
(Office 365 / Azure) technology in Vietnam,(Microsoft MVP)


Long (TTM)

Launching OSS project with Microsoft technology
(Xamarin + Azure)

Xamarin Open Source Project  for APO-Chan
https://github.com/exceedone/APO-Chan


NTQ

Build up an Office-Add in using WPF and VSTO

Dung (CO WELL)

About Spfx Sharepoint framework


 

Thuan Nguyen (MVP)

Accelerating Digital Transformation
with Microsoft Azure & Cognitive Services


Hoàng Minh Chính

Introduction of Azure
Title: Azure Technology Solutions Professional


This social gathering

Session Detail

Speaker Length Lang Session Title
15:30(30) Reception(Hotel)
Hieu (TTM) 16:00(10) Eng Opening
Seiji Noro 16:10(10) Eng Possibility of development and operation of Microsoft’s cloud
(Office 365 / Azure) technology in Vietnam,(Microsoft MVP)
Long (TTM) 16:20(20) Eng Launching OSS project with Microsoft technology
(Xamarin + Azure)
NTQ 16:40(20) Eng Build up an Office-Add in using WPF and VSTO
Hieu (TTM) 17:00(10) Eng Tea Break
Dung (CO WELL) 17:20(20) VIE About Spfx Sharepoint framework
Thuan Nguyen (MVP)
Giang Tran
17:30(30) Eng Accelerating Digital Transformation
with Microsoft Azure & Cognitive Services
Hoàng Minh Chính (Microsoft) 18:00(30) Eng Introduction of Azure
Title: Azure Technology Solutions Professional
Hieu (TTM) 18:30(05) Eng Group photo
Hieu (TTM) 18:35(25) Eng Move to Restaurant by Taxi
Hieu (TTM) 19:00 Eng Party(Restaurant) Party entry fee is free.
Hieu (TTM) 21:00 Eng Closing

 

 

Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

記載中

以下の赤枠に相手側の固定IPを設定する。

 

Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

記載中

以下のレジストリのフラグを 1 から01にする。

参考

Publish Remote Desktop Session in a Remote App Session Collection

KLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\CentralPublishedResources\PublishedFarms\<collection>\RemoteDesktops\<collection>

To show the Desktop Session Icon, Change the value (ShowInPortal) to 1 from 0.

日本マイクロソフト株式会社 様主催のAzure Deep Dive 2017/03/27登壇しました。

内容

Azure Cognitive Service (Text Anylitics)を使用しOffice365 Excchange Onlineからの英語訓練用辞書作成について説明しました。

Azure Cognitive Service (Bing Speeach)を使用してXamarinでテキストから音声、音声からテキストを利用してどのように英語訓練をするかを説明しました。

ビジネス英会話とAzure Cognitive Servicesについてこれからの盛り上がりを感じました!!


会場の様子

wp_20170327_12_39_00_pro

wp_20170327_12_53_17_pro