Report : Vietnam Japan Cloud Developer 2017 in Hanoi

Event Page

https://connpass.com/event/67792/

Event Photo

All Video

VJCD All Video(Youtube)

Event Slide & Video

Hieu (TTM)

Seiji Noro

Possibility of development and operation of Microsoft’s cloud
(Office 365 / Azure) technology in Vietnam,(Microsoft MVP)


Long (TTM)

Launching OSS project with Microsoft technology
(Xamarin + Azure)

Xamarin Open Source Project  for APO-Chan
https://github.com/exceedone/APO-Chan


NTQ

Build up an Office-Add in using WPF and VSTO

Dung (CO WELL)

About Spfx Sharepoint framework


 

Thuan Nguyen (MVP)

Accelerating Digital Transformation
with Microsoft Azure & Cognitive Services


Hoàng Minh Chính

Introduction of Azure
Title: Azure Technology Solutions Professional


This social gathering

Session Detail

Speaker Length Lang Session Title
15:30(30) Reception(Hotel)
Hieu (TTM) 16:00(10) Eng Opening
Seiji Noro 16:10(10) Eng Possibility of development and operation of Microsoft’s cloud
(Office 365 / Azure) technology in Vietnam,(Microsoft MVP)
Long (TTM) 16:20(20) Eng Launching OSS project with Microsoft technology
(Xamarin + Azure)
NTQ 16:40(20) Eng Build up an Office-Add in using WPF and VSTO
Hieu (TTM) 17:00(10) Eng Tea Break
Dung (CO WELL) 17:20(20) VIE About Spfx Sharepoint framework
Thuan Nguyen (MVP)
Giang Tran
17:30(30) Eng Accelerating Digital Transformation
with Microsoft Azure & Cognitive Services
Hoàng Minh Chính (Microsoft) 18:00(30) Eng Introduction of Azure
Title: Azure Technology Solutions Professional
Hieu (TTM) 18:30(05) Eng Group photo
Hieu (TTM) 18:35(25) Eng Move to Restaurant by Taxi
Hieu (TTM) 19:00 Eng Party(Restaurant) Party entry fee is free.
Hieu (TTM) 21:00 Eng Closing

 

 

Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

記載中

以下の赤枠に相手側の固定IPを設定する。

 

Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

記載中

以下のレジストリのフラグを 1 から01にする。

参考

Publish Remote Desktop Session in a Remote App Session Collection

KLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\CentralPublishedResources\PublishedFarms\<collection>\RemoteDesktops\<collection>

To show the Desktop Session Icon, Change the value (ShowInPortal) to 1 from 0.

OSSはじめました!(ほぼ日記)

始めたきっかけ

いままで、Azure, Office365, Windows OS上で使用するプロダクトを作ってきましたが。

もっと、たくさんの人に使ってもらえるように出来ないかと思い始めました。

また、開発者にもブランド化してほしいと思います。

 

世の中も、AI, IoT Robotと目まぐるしく変化しています。

やばい、やばすぎる、この現実、時は残酷なり。

10年に1回モデルチェンジをしている私としては、モデルチェンジの時期がきたと思いました。

ということで、大幅に考えを変えることにしました。

 

時代はOSS、Microsoft も Love Linuxの時代です。
そこで、OSSだと思いました。

OSSとは一体何か?

今回詳しく調べてみました。

オープンソースソフトウェアとは

OSSとは、オープンソース概念に基づきソフトウェアソースコード無償公開され、改良や再配布を行うことが誰に対して許可されているソフトウェアのことである。あるいは、オープンソースに関する文化啓蒙活動を行っているThe Open Source Initiativeによって認定されたソフトウェアのことである。

Weblio

ソースコードを無償で公開して、改良・再配布を自由に行うことができるようにすること。

いままで、商売でコードを書いてきた私にとっては、とてつもなく高いハードル。。。。。

でもこのままでは、古い人間になってしまう。

ということで、オープンソースで収益を上げている人たちを調べてみました。

Profitモデル

  1. RedHat
    有名なRedHat なんと20億ドルも売り上げをあげている。Global企業すぎていける気がしない
    Red Hatはクラウドへの移行で50億ドル企業をねらうが、Linuxだけでは無理かもしれない
  2. EC-CUBE
    日本初のE-Commerce OSS 有名だが、売上わからない。帝国データバンクで調べないといけないのでパスしました。カート決済、サイトのホスティングサービス、カスタマイズでたくさん儲けてそうです。
  3. GitHub
    Gitを使いSaaSサービスを無料・有償で提供しています。
  4. Wijmo
    開発ツール、無料と商用ありで、当社も購入しています。
    ライセンス

いづれの企業もユーザの導入障壁を下げて、OSSを簡単に利用でき、ライセンス費用、ベンダーロックを回避することにより、良いサービスを多くのユーザに届けています。

金勘定は、後ですることにして、私の会社で適用できそうなビジネスモデルは以下かなと思います。

  1. SaaSでサービス提供(サーバ運用・サポート)
  2. 技術アピールによる、受託サービス

 

ツールの選定

現在ベトナムの英語ベースの技術者ロンさんと開発しているので、

日本に依存したツールは一切排除、開発も全部英語でしています。

これで、私の英語レベルも向上して将来的には世界へプロダクトをプレゼンして売るぞと!!!

Xamarin

時代はスマホということで、スマホのアプリを作るうと。

AndroidとiOS, Windows Phone で全部作りこむ体力がないので、問答無用でXamarinにしました。

現在、Azureの講師もしているので、Azure Loveな私としては、サーバはAzureでこちらも問答無料です!!

ベトナムではAWSがひろまっているようですので、Azureのよさをベトナムに広げていきます!!

ということでこちらが最終構成イメージになります。

 

Office365

もちろん、Office365も連携させますよ。使命をもって!!

 

GitHubで始めたOSSプロジェクト

https://github.com/exceedone

 

では、皆様おろしくお願いします。

 

日本マイクロソフト株式会社 様主催のAzure Deep Dive 2017/03/27登壇しました。

内容

Azure Cognitive Service (Text Anylitics)を使用しOffice365 Excchange Onlineからの英語訓練用辞書作成について説明しました。

Azure Cognitive Service (Bing Speeach)を使用してXamarinでテキストから音声、音声からテキストを利用してどのように英語訓練をするかを説明しました。

ビジネス英会話とAzure Cognitive Servicesについてこれからの盛り上がりを感じました!!


会場の様子

wp_20170327_12_39_00_pro

wp_20170327_12_53_17_pro

ダイワボウ情報システム株式会社様主催の『Azure IoT / Cognitive / Machine Learningをビジネス化するポイント』で登壇しました。

内容

https://www.idaten.ne.jp/portal/page/out/ev04/tic2017.html

2017.02.14
ダイワボウ情報システム株式会社様主催の『Azure IoT / Cognitive / Machine Learningをビジネス化するポイント』

Azure IoT Suite、Azure Cognitive Serviceを利用して、デバイス・センサー情報、視覚、音声、言語データの利用分析を行い、新しいビジネスモデルを顧客にご提案できます。今回のセッションでは具体的な事例を交えながら顧客にどのように提案できるかを説明するとともに、Azureを初めて利用する販売店の皆様がビジネスを立ち上げる為のご支援もご紹介致します。(外部サイト)
開催日:2017.02.14(東京)

 

当日の感想

Azure IoT/Cognitive Service/Machine Learningは、満員御礼の120人で会場がいっぱいになりました。

Office365のメール、OfficeファイルからAzure Cognitive Serviceを使用して単語を抽出するなどデモを実施しました。

聴講者の関心も高くこれから伸びる分野だと思いました。

dis-ict-tokyo20170214

 

 

 

 

Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

RemoteApp / RemoteDesktop(リモートデスクトップ)にて、多要素認証する方法にういて

詳細

作成中

 

参考

 

Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて

目次

  1. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – インストール
  2. Azure RemoteApp for Office365 ProPlus Japanese (日本語) – ファイル共有(Azure Files)
  3. Azure RemoteApp から XenApp “express” へ  (Office365は使えるのか?)
  4. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – Office 2016 ProPlusを仮想マシンで作成する
  5. Azure RemoteApp(IaaS) へiOSから接続する
  6. Azure RemoteApp(IaaS) とOffice365 – メニューの追加編集とメニューの重複
  7. Azure RemoteApp(IaaS) のライセンスアクティブ化
  8. Azure RemoteApp(IaaS) のRD セッション ホスト サーバーの証明書
  9. Azure RemoteApp(IaaS) のRD Webでパスワード変更画面を提供する
  10. Azure Remote Desktop (IaaS) のライセンスについて
  11. Azure Remote Desktop (IaaS) でGateway で多要素認証する方法
  12. Azure Remote Desktop (IaaS) – RDWeb内にリモートデスクトップを表示させる方法
  13. Azure RemoteApp(IaaS) の指定された固定IPのみアクセス可能にする。

概要

リモートデスクトップはRemoteAppだけでなく通常のリモートデスクトップも使えます。

詳細

作成中

ライセンスサーバからライセンス削除方法

リモートデスクトップ ライセンス マネージャー/ライセンスの管理/ライセンス サーバーデータベースを再構築する

リモートデスクトップのみとりあえず使用できるようにする。(作成中)

  1. グループポリシーの設定/コンピュータの構成/管理用テンプレート/Windowsコンポーネント
    /リモートデスクトップサービス/リモートデスクトップセッションホスト/接続

    1. ユーザーがターミナル サービスを使ってリモート接続することを許可する
  2. コントロールパネル/管理ツール/リモートデスクトップサービス/RDゲートウェイマネージャーを開き、ポリシー/接続承認ポリシー/新規ポリシーの作成
    1. タイムアウトの時間を設定します。
    2. 監視/接続の制限の編集

 

参考

[Windows] リモートデスクトップライセンスサーバーの構成とRemote Desktop CALのインストール

リモートデスクトップ(RD)ライセンスを 削除する

Windows Server 2012 R2で、リモートデスクトップサービスを無料で多分120日間使う方法

Windows2012にドメイン無しでリモートAPPを実行させる方法 

What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Add new account

Series(シリーズ)

What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP.
(Azure CSP 購入時に最初にすることについて、記述します。)

  1. What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Password reset setting.
  2. What to do first when purchasing Microsoft Azure CSP. Add new account

Title

Add new account.
(アカウントの新規追加)

Overview(概要)

I explain add new account.
(アカウントの新規追加について説明します。)

Detail(詳細)

Azure Active Diretory>User and Group>All users

csp-addnewuser0010

Click add button(追加ボタンをクリックする。)

csp-addnewuser0030

Enter Name and User Name(名前とユーザ名を入力する)

csp-addnewuser0040

Select a role.(ロールを選択します。)

csp-addnewuser0050

Other Services>Subscription (その他サービス>サブスクリプション)

csp-addnewuser0060

Select IAM(Identity and Access Management).(アクセス制御を選択します。)

csp-addnewuser0070

Click add button(追加ボタンをクリックする。)

注意、CSPの場合は、エンドユーザは、共同作成者のみしかありませんので、追加ボタンが表示されません。
追加する必要がある場合は、所有者に依頼するしかりません。
所有者は通常ディストリビュータや、リセラーが所有していますので相談してください。

csp-addnewuser0080

Select the appropriate role. (適切なロールを選択する。)

csp-addnewuser0085

Assign the user.(ユーザを割り当てる)

csp-addnewuser0090

It was added as shown below.(下図のように追加されました。)

csp-addnewuser00110

補足:パスワード無期限にする。

AzureADへPowerShellで接続
パスワードを無期限に設定する
Set-MsolUser -UserPrincipalName <user ID> -PasswordNeverExpires $true