デモアプリ「Office365 Unified API」+「AzureWebサイト」+「EXCEL Format」にてGroup/User Matrixを作成しました。

概要

「ユーザがどこの配布グループ・セキュリティグループに属しているの?」とよく聞かれます。

実際には、システム管理者が、PowerShell等を使用してマニュアルでエクセルで作成している管理者も多いと思います。

Office365 Unified API(Beta)を使用して、Group/UserをOffice365から取得して、Excelでマトリックスにしてみました。

とても扱いやすい関数ですので、みなさんも作ってみましょう!!

デモサイトは以下です。

注意)ユーザ100件以上のユーザは時間がかかるかもしれません。

https://o365info.azurewebsites.net/

Office365Info010

 

Download Excel ボタンをクリックします。

以下のようにExcelフォーマットでダウンロードされます。

別のシートにグループ一覧、ユーザ一覧も出力しています。

Office365Info020

 

 

プログラムについて以下のサイトが参考になります。

Office 365 unified api を使いこなそう

Office 365 unified API (PREVIEW)

Examples of Office 365 unified API calls (preview)

とりあえず、動かしてみたいなら。

https://apisandbox.msdn.microsoft.com/

 

プログラムの詳細は時間のあるときに書きます。

内部ではUnified APIを使用して、AccessToken一つで Tenant情報/Group一覧/Groupメンバー/User一覧/Userプロフィールを取得しています。

Office365 Unified API便利ですので使ってみてください。