Office365 のユーザ一覧(AD, ActiveDirectory) をAzure ADと統合されているのを確認する。

概要

Office365認証を利用したアプリを開発をするにあたり、

Azureポータルで、アプリケーションが設定が必要なので、

Azure ポータルでOffice365のユーザを確認してみました。

※Office365のAD(Active Directory)はAzure ADを使用しています。

手順

1. 以下にてMicrosoft Azureにログインします。

※Office365ユーザーはAzureアカウントに紐づいていないので、初めてAzureにアクセスしたときにAzureへの登録が必要。(クレジットカード登録も必要)

http://azure.microsoft.com/ja-jp/

office365Azure0010

2. Office365の管理者権限のあるユーザでログインします。 「xxxxx@yyyy.com」 等

office365Azure0020

3. ActiveDirectory/ユーザ でoffice365の登録済みユーザの一覧がでてきます。

office365Azure0030

4. アプリケーションの設定もみてみます。 SharePoint/Exchange/自作アプリ等がでてきます。

ここでパーミッション等設定できるようなので、次回、アプリを作成しながら実装したいと思います。

office365Azure0040

knockoutjsハンズオン勉強会 – 2014/05/17 – Microsoft 品川

感想

  • こんにちは、野呂です。
    http://mvp.microsoft.com/ja-jp/mvp/Seiji%20Noro-5000492
  • 今回、東京でknockoutjs勉強会にスタッフとして参加しました!!
  • 大阪でハンズオンされた方と、今回knockout日本語ドキュメント会の方も参加され日本のknockoutjsのトップの方々と会えて、とても勉強になりました!!
  • LTやハンズオンの内容も素晴らしく、とても楽しい勉強会になりました!!
  • 私はVisual Studio 2013でハンズオン15人ぐらいで、「足し算アプリ」「Todoアプリ」を作成したのですが、次は、データベースにデータ保存するハンズオンをしてほしいと3人に言われました。
  • Knockoutjsを会社に持ち帰り広めたいと言っている参加者もいました。
  • Visual Studioのハンズオン以外では、Yomenも使っているようでした!!
  • Visual Studioのオープンソース化や、Knockoutjsと他のフレームワークのシェア等、知らないことばかりで、とても勉強になりました!!

皆さまありがとうございました!!

勉強会風景

LTの風景 50人ぐらい

knockoutjs-study0010

knockoutjs-study0020

懇親会の風景 15人ぐらい

knockoutjs-study0030

スライド

松崎様

Visual StudioでKnockoutjsを使ってデータベースを使ったアプリの開発デモ、他のフレームワークについて等とても興味のある内容です。

(PDF)

knockoutjs-study0040

デモの内容

河内 様

プロジェクトにMVVMを適用する狙い


鈴木 様

Knockoutでグラフを描こう

knockoutjs-study0050

野呂ハンズオン資料

KnockoutJS Hands-On Visaul Studio


その他、LT資料/ハンズオン資料はは近日UPします

タイトル

初心者向けJavaScript入門からテラ・コーティングまで!

JavaScriptフレームワークの主流、MVVMアーキテクチャパターンを採用しているknockoutjsを堪能する!

ATND予約サイト

http://atnd.org/events/50026

内容

13:00-13:30 受付
13:30-14:30 ライトニングトーク
JavaScript入門            – 酒巻 瑞穂
ASP.NETの変遷とKnockout.js     – 松崎 剛
プロジェクトにMVVMを適用する狙い - 河内 俊浩
Knockout でグラフを描こう!View を極める MVVM 考 – 鈴木 健太
(タイトル未定)            – 田中 豪
14:30-18:00 技術レベルに応じてグループ分け・ハンズオン
18:30-20:30 懇親会
※ 懇親会は3,500円飲み放題コースを予定しています

[ハンズオングループ]
Aグループ knockoutjsの基本的なチュートリアル
Bグループ Visual Studioを使ってknockoutjs
Cグループ knockoutjsテラコーティング

Knockout.js でTodoアプリ (Visual Studio2013)

概要

Todoアプリのハンズオンを行うための資料です。

knockout-todo


/Views/Home/ index.cshtml

@{
    ViewBag.Title = "Knockout_Todos";
}

<h2>knockout - Todo</h2>
<div class="container">
    <div class="col-lg-12">
        <div class="input-group">
            <input type="text" class="form-control" data-bind="value: title"/>
            <span class="input-group-btn">
                <button class="btn btn-info" data-bind="click: addTask">Add</button>
            </span>
        </div>
    </div>

    <div class="col-lg-12"><h3>Task List</h3></div>

    <div class="col-lg-12">
        <ul class="list-group" data-bind="foreach: tasks">
            <li class="list-group-item">
                <span data-bind="text: title"></span>
                <a href="#" data-bind="click: $parent.deleteTask" class="pull-right">
                    delete
                </a>
            </li>
        </ul>
    </div>
</div>

@section scripts{
    <script type="text/javascript" src="~/Scripts/knockout-3.1.0.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="~/Scripts/test.js"></script>
}

/Scripts/ test.js

$(function () {
    function Task(title) {
        this.title = title;
    }

    function ViewModel() {
        var self = this;
        self.title = ko.observable("");

        self.tasks = ko.observableArray([]); //配列の変更を検知する
        self.addTask = function () {
            var task = new Task(self.title());
            self.tasks.push(task);
            self.title("");
        };

        self.deleteTask = function (task) {
            self.tasks.remove(task);
        }
    }
    ko.applyBindings(new ViewModel());
});

参考

Knockout.js で足し算アプリ (Visual Studio2013)

概要

足し算アプリのハンズオンを行うための資料です。

knockout-caluculate


/Views/Home/ index.cshtml

@{
    ViewBag.Title = "Knockout_Caluculate";
}

<h2>knockout - Caluculate</h2>
<div class="container">
    <p>
            <input data-bind="value:value1" type="text" />
            +
            <input data-bind="value:value2" type="text" />
            =
            <span data-bind="text:result"></span>
    </p>
</div>

@section scripts{
    <script type="text/javascript" src="~/Scripts/knockout-3.1.0.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="~/Scripts/test.js"></script>
}

/Scripts/ test.js

$(function () {

    //Modelを定義
    function ViewModel() {
        var self = this;
        self.value1 = ko.observable(0);
        self.value2 = ko.observable(0);
        self.result = ko.computed(function () {
            return parseInt(self.value1()) + parseInt(self.value2());
        });
    }

    //binding (View - VIewMode)
    ko.applyBindings(new ViewModel());
});

参考